Haruyuki Mohri Blog(Delphi)

毛利春幸のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Microsoft Azure Websites (Free !)でDelphi ISAPIを実行

Microsoft AzureのWebsitesサービスは VMマシン環境では無く
IISのサービスのみを貸してもらえるサービスです(たぶん)

Websitesサービス自体Free(無料枠)があり10サイトまで作る事ができます
Azure12091702
http://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/calculator/

このサイトだとasp.net専用のように見えるんですが
IISだしWindows OSっぽいので DelphiのISAPI(DLL)を動かす事ができます

17.08
Azureの管理画面から「新規」で「WEBサイト」→「簡易作成」で簡単に作成できます
作成できたら「ダッシュボード」を選択し画面右の方の「概要」下の「発行プロファイルダウンロード」で
「*.azurewebsites.net.PublishSettings」をダウンロードします
中身はテキストです

テキストエディタで開くと publishProfileタグの中に
「publishUrl=」「userName=」「userPWD=」などが入っています

ローカルPC(自分のPC)上のIISマネージャーを起動して
Azure12091728

「サイトに接続」を選択します
Azure120917312014
「サーバー名」に*.azurewebsites.net.PublishSettingsファイルのpublishUrlの内容
「サイト名」にたぶんmsdeploySiteの内容を入れると思います

サイトに接続できるとユーザー名パスワードを入れる画面が出ます
Azure201412091742
*.azurewebsites.net.PublishSettingsファイルの中にある
ユーザー名(userName)とパスワード(userPWD)を入れます

認証に成功すると 下絵ダイアログメッセージが出ます
Azure2014120917461

IISマネージャー側の接続設定はできましたので
下記のように表示されていると思います
スクリーンショット 2014-12-09 17.36

ここまでではまだISAPIは使えないので
「ハンドラーマッピング」でDLL実行の許可をする必要があります

AzureHandlerMapping201412091754
上記DLLの項目を選択し右側の「操作」メニューで「機能のアクセス許可の編集」を選択します
Azure2014120917591
編集ダイアログが出たら 「実行」にチェックを入れます
ここまで出来たら
後は Delphiで ISAPIのDLLをサクッと作成します
delphi201412091806

これで出来たDEBUG¥*.dllをアップロードします
dlldelphi2014120918091

http://*.azurewebsites.net/wm120918.dll をブラウザで起動すると
動きました
AzureBrowser201412091812

簡単ですので お試しあれ

スポンサーサイト

テーマ:プログラミング - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/12/13(土) 00:00:02|
  2. Delphi

Profile

Twitter...

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。