Haruyuki Mohri Blog(Delphi)

毛利春幸のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DelphiXE6 ClientDataSetの内容をREST(XML)で返すSOAPもどきを作る

Delphi XE6 ClientDataSetで作った内容をREST(HTTP)でXMLとして表示する
1.新規プロジェクトで[その他]Delphiの[WebBroker][Webサーバアプリケーション]を選択します
ウェブBroker072414

2. WebBrokerプロジェクトの種類選択画面がでますので
今回は「スタンドアローン版」を選択します
1407241933

3.その次にVCLなのかFireMonkyなのかを聞かれますので
VCLで良いと思います(FireMonkyでも問題無いです)
1407241935

4.最後にサーバになりますので httpが受信できるポート番号を指定します
1407241939

デザイン画面は下図の感じになります(ちょっとリサイズしましたが...)
1407241942

実際にコードを書くのはこのフォーム側の*.pasでは無くて
TWebModuleを継承したclass側に実行したい内容を書きます

ClientDataSetを作成して中にデータを書き込みます
別にどこかのClientDataSetのバイナリを読み込んで処理してもOKだと思います
1407241947

実際にブラウザで開く時に呼ばれるMethodが初期設定ではWebModule1DefaultHandlerAction()ので
そこにコードを書き込みます
1407241949
ClientDataSet1の内容をTStringStreamにコピーして
TStringStreamをstringに変換して Response.Contentに入れるだけです

実行すると
1407241952
こうなります 「起動」ボタンを押してhttpサーバを起動しブラウザを開くとXML表示が出てきます

プログラムサンプルソースはgithubに置いています
https://github.com/mojeld/workword_amz/tree/master/dataset_to_http


スポンサーサイト
  1. 2014/07/24(木) 19:38:19|
  2. Delphi

Profile

Twitter...

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。