Haruyuki Mohri Blog(Delphi)

毛利春幸のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Delphi XE5で iPhoneのCoreBluetoothFrameworkを使ってDICE+を動かす

仙台のホテルでデバッグしてたtube画面です

(ひっとこともしゃべらず実行してますが....)

Delphi XE5を使えばiOSのCoreBluetooth.Frameworkが利用可能です
まず http://dicepl.us/ja/ここからDICE+を購入します。
今日現在(2014/07/08)でUSドルで39.99$でした。

サイコロが手に入ったらDICEプラスのデベロッパーアカウントを作成して
サイコロを動かすSDKをダウンロードします。
iOSならxcodeサンプルもついてます http://www.developers.dicepl.us

その後DICE+サイコロのファームウェアをデベロッパー用に変更する必要があります。
DICE+付属のUSBケーブルがありますのでPCと接続しデベロッパーサイトに従って
ファームウェアを更新してください。
(ファームウェアを更新しないとSDKで使えません)

その後xcodeサンプルで動かすまでは簡単にできます。

Delphi XE5で直接DICE+を操作するのでは無く
DICE+はxcodeで *.aのCocoa touch static Libraryを作って
そのLibraryをDelphi XE5からControlするイメージです。
cocoatouchLibrary140708
ここに適当にクラスを作成してDICE+用のMethodを貼っていくだけです
作成後buildし成功したら*.aが作成されています

*.aのリンカ方法に関しては Embarcadero Blogs » Team Japanのブログをご覧ください
Delphi for iOS(ARM) - how to link static library(.a)
Delphi(iOS ARM) - 自作したObjective-Cのクラスとメソッドを呼び出す

CoreBluetooth.Frameworkも使う必要がありますので
これも同じく 下記のURLで Frameworkリンク方法を探ってみてください
Delphi/C++Builder - iOSアプリにCoreBluetooth.framework等をリンクするには?

上記の記事をゆっくり工程踏んでいけば DICE+はいがいに簡単にControlできます





スポンサーサイト

テーマ:スマートフォン - ジャンル:コンピュータ

  1. 2014/07/08(火) 10:04:31|
  2. Delphi

Profile

Twitter...

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。