Haruyuki Mohri Blog(Delphi)

毛利春幸のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TThread内でTADOQueryなどを使う場合

TThreadを使ってスレッド側からTADOQueryを使う場合
いろいろ試したけど
Execute()内からの関数内で
TADOQuery *ado = new TADOQuery(NULL);
ってしたらNGみたい
どっか飛んでいって返ってこなくなった
TADOQuery *ado; ←はExecute()以外で作ったほうがいいみたい
Execute()内で
void __fastcall TTestThread::Execute()
{
    CoInitialize(NULL); //おまじない
    while (! Terminated)
    {
        ado_no_haitta_kansu();
        Sleep(300);
    }
    CoUninitialize; //おまじない
}
とかしてCoInitialize~CoUninitialize;でくくったら
スレッド内でTADOQueryが動いてくれた
本来このCoInitializeってThreadの場合どこに入れるのがベストなんやろ?
この方法でTServiceのプログラムも作ったんで窓以外でもいけるみたい
スポンサーサイト

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/04/20(日) 01:12:25|
  2. BCB
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://mojeld.blog41.fc2.com/tb.php/34-5287b2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

Twitter...

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。