Haruyuki Mohri Blog(Delphi)

毛利春幸のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

IDEの設定がPIOモードになってしまう。

My VAIO TypeFがノートンアンチウィルスのスキャン後
起動に10分もかかるようになってしまった。
あまりにも遅いので、HDスキャンやデフラグをやってみたが一向に
変わらない状態だった。

いろいろ調べていくとデバイスマネージャーのIDE転送モードが
PIOになってしまっている事がわかった。
マイクロソフトサポートオンラインを見ると
タイムアウトまたはCRC エラーが6回の発生すると
転送モードを一段ずつ下げるらしい。その後もCRCエラーが
出るとPIO モードまで下げる仕様になっている。
詳細はhttp://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;817472

一度PIOになってしまうとレジストリを直接いじる以外手は無いらしい。

IDE Primaryの場合レジストリの↓を見る
HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlClass{4D36E96A-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}�001

その中ので
MasterDeviceTimingMode=マスタ
SlaveDeviceTimingMode=スレーブ
0x2010 = UltraDMAモード2(Ultra ATA/33)
0x8010 = UltraDMAモード4(Ultra ATA/66)
0x10010 = UltraDMAモード5(Ultra ATA/100)
0x12010 = UltraDMAモード6(Ultra ATA/133)
それ以外でその数字以下ならPIOモードになってしまっているので、
変更する。

それでもPIOモードになってしまう場合は
MasterDeviceTimingModeAllowedの内容を見て
0xffffffffになっているか確認する。なっていなければ変更

ドライバパフォーマンスを改善する場合の処置その2
HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionDrivers32
「aux = mmdrv.dll」にしてみるといいらしい。

この処置をしてMy VAIOはUltra DMA Mode5に治った。




スポンサーサイト

テーマ:パソコン関連お役立ち情報 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2005/09/05(月) 12:48:56|
  2. トラブル

Profile

Twitter...

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。